メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩行器で散歩だワン ボランティアで小型犬用を手作り 奈良の66歳男性

松本さんと手作りの歩行器を装着した「ジュピター」=奈良県平群町で2019年11月19日、熊谷仁志撮影

 奈良県平群町の松本好史(たかし)さん(66)が、後ろ脚が不自由な小型犬の散歩を補助する歩行器を手作りしている。自身の愛犬用に6年前に初めて製作したのを機に、外部からの注文も材料費など実費(2万~2万5000円程度)だけで受け付ける。松本さんは「外での散歩は犬の一番の楽しみ。飼い主と愛犬に喜んでもらうためのボランティア活動です」と笑顔で話す。【熊谷仁志】

 製作のきっかけは愛犬のトイプードル「ジュピター」(雄9歳)が2歳の時、ヘルニアで下半身が不自由になったことだった。当時は富山市在住で、インターネットなどで犬用の歩行器を探すと、15万円以上することが分かり、自ら手作りを思い立った。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  4. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです