メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR予定地、和歌山県が購入計画 価格の変動防ぐねらい

県がIRの誘致を検討している人工島「和歌山マリーナシティ」。下側の大部分を占める駐車場や娯楽施設のある場所が、建設予定地となっている=県提供

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指している和歌山県が、整備区域に今後選ばれた場合に限り、建設予定地を約76億円で買い取る合意を地権者と交わしていたことが判明した。IR事業者が県から土地を直接購入できる形を作り、土地価格が流動的になるのを防ぐ狙いがあるという。県は関連する補正予算案を12月の県議会に提出する方針。【黒川晋史】

 県は人工島「和歌山マリーナシティ」(和歌山市毛見)にIRの建設を計画。来年には公募で事業者が決まる見込みで、土地は現在、マリーナシティの管理会社が委託する信託会社が所有している。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 特集ワイド 池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです