メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竹山修身・前堺市長に罰金100万円の略式命令 政治資金記載漏れ

辞職願が堺市議会で同意され、その後の取材に応じる竹山修身市長(当時)=堺市堺区で2019年4月26日午後3時4分、猪飼健史撮影

 堺市の竹山修身・前市長(69)の政治資金収支報告書に2億3000万円以上の収支が記載されていなかった問題で、大阪地検は21日、竹山氏と、実務を担当していた次女(39)を政治資金規正法違反の罪で略式起訴した。竹山氏は「記載しないことを認識していた」と認めているといい、地検は刑事責任を問えると判断した。

 2人は罰金100万円の略式命令を受けた。大阪地検特捜部は9月に竹山氏の自宅や後援会事務所などを家宅捜索。竹山氏や次女らから任意で事情を聴いていた。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです