メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

「信長公」の飛び出し坊やが針金ごと外されてなくなった設置場所=滋賀県近江八幡市で2019年11月15日午後3時32分、蓮見新也撮影

 滋賀県が発祥とされる交通事故防止看板「飛び出し坊や」が、同県近江八幡市で相次いで盗まれている。いずれも地元の中学生が製作し、今月に入って設置されたオリジナル版で、21日現在で全27枚のうち6枚がなくなっている。地元の住民は「せっかく子どもたちが作ってくれたのに……」と心ない行いに憤りをみせている。

 盗まれた飛び出し坊やは高さ約1・3メートル、幅約70センチの木製で、市立安土中学校の生徒が製作した。既存の飛び出し坊やの破損が目立つのに生徒が気付き、生徒会や美術部が協力しながら完成させた。デザインは生徒から募集し、織田信長の居城だった国特別史跡「安土城跡」の地元ならではの「信長公」や「信長ねぎ坊や」「戦…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです