メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

記者の質問に答える羽生結弦=札幌市中央区で2019年11月21日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ今季最終戦、NHK杯は22日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。男子で10月のスケートカナダに続く優勝と、GPファイナル(12月、イタリア・トリノ)進出を目指す羽生結弦(ANA)は、21日に札幌市内で開かれた記者会見で、大会の抱負などを次のように語った。

 --今大会の抱負を。

 ◆最後まで全力で、健康にショートプログラム(SP)、フリーとも滑り切れたらいいなと思う。

 --スケートカナダは(ネーサン・チェン=米国=が3月の世界選手権で出した)世界最高得点に迫った。その更新についてどう考えているか。

 ◆(世界最高に迫ったことは)言われなければわからないくらい(気にしていない)。今季は今季。昨季と比べてもしょうがない。特に気にしていない。今季で一番点数を出しているのは僕だという自信もあるし、それを超えたい。それがプレッシャーでもあ…

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです