メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

炎鵬、一瞬の安心突かれ「あの形になったのに…」6敗目 九州場所12日目

炎鵬(右)がはたき込みで隆の勝に敗れる=福岡国際センターで2019年11月21日、矢頭智剛撮影

[PR]

 大相撲九州場所12日目の21日、関取最軽量98キロの炎鵬は、同じ25歳で前頭12枚目の隆の勝にはたき込みで敗れ、6勝6敗になった。

 立ち合いで相手の懐に潜り込んだのは、炎鵬らしい相撲。頭を相手の胸に付け、右前みつと左下手をつかんだところまではよかったが、そこで「ちょっと安心してしまった」。手詰まりを打開しようと、左のまわしを放して相手の足を取ろうと手を伸ばしたが、これで上体が傾いたところをはたかれ、土俵にはわされてしまった。「あの形になったのに勝てないのはダメだ」とうつむいた。

 中日を4勝4敗で折り返して以降は連勝がなく、一気に星を伸ばすことができずにいる。22日は、3敗で優勝争いに残っている正代が相手だ。自身の勝ち越しに向け大事な一番であると同時に、勝てば1敗で独走する兄弟子・白鵬の優勝への援護射撃にもなる。注目の対戦に向け、「あしたの一番、頑張ります」と言葉少なだったが、その目は闘志を宿しているようだった。【黒川優】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです