メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

G1 たたき前進、スワーヴリチャード (日曜競馬)

 「世界に通用する強い馬作り」を目指して1981年に創設された国際招待レース。今年39回目を迎えるが、レース史上初めて外国馬の参戦がない。さらに、昨年の優勝馬で10月に天皇賞(秋)を圧勝した現役最強馬アーモンドアイも香港競馬に出走するためこのレースを回避。日本が世界に誇る国際レースとしてはさびしい顔ぶれとなったが、16、17、18年のダービー馬3頭を含む15頭が府中の杜(もり)に集結した。暮れのグランプリ有馬記念と並ぶ日本最高賞金3億円を手中にするのはどの馬か。過去10年のレースで傾向を見てみたい(別表参照)。

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです