メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祓川に雨水貯留施設整備へ 福島市 /福島

今年9月の台風15号に伴う大雨で氾濫した祓川=福島市曽根田町で

 福島市の木幡浩市長は21日の記者会見で、市中心部を流れ氾濫を繰り返している祓(はらい)川に、新たに雨水貯留施設を整備すると発表した。12月の定例市議会に提出する補正予算案に、ほかの河川の掘削や農業用排水路の護岸改修費用などと合わせて1億7120万円を盛り込む。

 貯水量は約500立方メートルで来年の梅雨時までの完成を目指す。市によると祓川は近年、流域の宅地開発が進み田畑が減少したことで大雨の際に流れ込む水量が増加。川の断面が狭い同市曽根…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです