メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「親の愛の力伝えたい」 覚醒剤中毒から立ち直った歌手、杉山裕太郎さん 実体験を本に /愛知

出版した本を手にする杉山裕太郎さん=岐阜県大垣市室本町5で

 覚醒剤中毒から立ち直った経験などを歌にして各地で講演を続ける岐阜県大垣市出身の歌手、杉山裕太郎さん(45)=千葉県柏市=が「ありのままを受け止めて 自分の子供が壊れる前に読む本」(啓文社書房)を出版した。親への反発から非行に走り、覚醒剤に手を染めるようになった当時の心境や、薬物を断つきっかけとなった「親子の絆」の大切さをつづっている。【野村阿悠子】

 杉山さんは教育熱心な両親に育てられ、小学生までは「優等生」だった。中学校では小児ぜんそくでサッカー部をやめて自暴自棄となり、非行グループに出入りした。当時を振り返り「親の態度がひょう変したように感じた。優等生ではなくなった自分は親から愛されないのだと思った」と話す。高校は2カ月で退学し、暴走族のリーダーにもなった。19歳で覚醒剤に手を染め、ピーク時は2時間おきに摂取するほど依存した。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです