メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「決算!忠臣蔵」 金勘定の苦悩、娯楽に /愛知

映画の一場面。主演の堤真一さん(右)と岡村隆史さん(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

 吉良邸への討ち入り場面が描かれない、これまでなかった忠臣蔵! 赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助が実際に遺(のこ)した収支決算報告書をもとに、東京大学の山本博文教授がまとめた「『忠臣蔵』の決算書」が映画になった。「決算!忠臣蔵」は「ゴールデンスランバー」や「殿、利息でござる!」などヒット作を連発する中村義洋監督が、脚本も手掛けて涙と笑いのエンターテインメントに仕上げた意欲作だ。あの仇討(あだう)ちの実情が、“資金面”から見えてくる。

 1701(元禄14)年3月、清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲさん)が賄賂まみれの吉良上野介に江戸城内で斬りかかり、赤穂藩のお取り潰しと内匠頭の即日切腹が決まる。藩士たちが路頭に迷う中、筆頭家老の内蔵助(堤真一さん)は浅野家再興を幕府に願い出て、幼なじみの勘定方・矢頭長助(岡村隆史さん)の力を借りて財源の確保に努める。しかし、御家再興は却下され、吉良にはお咎(とが)めなし。ついに内蔵助は…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. サッカー・ルヴァン杯 26日開催の7試合中止に 新型コロナ感染拡大

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです