メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「決算!忠臣蔵」 金勘定の苦悩、娯楽に /愛知

映画の一場面。主演の堤真一さん(右)と岡村隆史さん(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

 吉良邸への討ち入り場面が描かれない、これまでなかった忠臣蔵! 赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助が実際に遺(のこ)した収支決算報告書をもとに、東京大学の山本博文教授がまとめた「『忠臣蔵』の決算書」が映画になった。「決算!忠臣蔵」は「ゴールデンスランバー」や「殿、利息でござる!」などヒット作を連発する中村義洋監督が、脚本も手掛けて涙と笑いのエンターテインメントに仕上げた意欲作だ。あの仇討(あだう)ちの実情が、“資金面”から見えてくる。

 1701(元禄14)年3月、清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲさん)が賄賂まみれの吉良上野…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです