メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京スポ自由席 サッカー サンガ、POかけ最終節へ J2覇者・柏戦「出し尽くす」 /京都

シュートを狙う仙頭啓矢選手(手前)=たけびしスタジアム京都で、矢倉健次撮影

 3年ぶりプレーオフ目指し最終戦へ――。サッカーJ2の京都サンガは第41節の16日、たけびしスタジアム京都(京都市右京区)でジェフユナイテッド千葉と対戦。1―0で勝って「ホーム西京極」での最後のリーグ戦を終えた。通算成績は19勝11分け11敗の勝ち点68で順位を一つ上げて7位。プレーオフ出場圏内の6位ヴァンフォーレ甲府とは勝ち点差なしの得失点7差。4位モンテディオ山形、5位徳島ヴォルティスとは勝ち点2差で柏レイソル戦(三協フロンテア柏スタジアム)を迎えることになった。【矢倉健次】

 「西京極に通い続けていただいたサポーターの思いを受け止めて臨んだラストゲームだったが、攻守ともちぐはぐだった」と中田一三監督が話した通り、中盤でボールを奪われてカウンターを受け、危ないシュートを何本も浴びた。それでもGK清水圭介選手の再三の好セーブなどでなんとか無失点にしのいだ。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです