メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども教室、実情描く 金光敏さん出版 大阪・ミナミ /大阪

「大阪ミナミの子どもたち」を出版した金光敏さん=大阪市生野区で、中尾卓司撮影

 大阪ミナミで、外国にルーツのある子どもたちを支える夜間教室「Minamiこども教室」の実行委員長、金光敏(キムクァンミン)さんが子どもたちの表情を描いた「大阪ミナミの子どもたち」(彩流社)を出版した。副題は「歓楽街で暮らす親と子を支える夜間教室の日々」。金さんは「当事者の息遣いが伝わるように、具体的なやり取りをつづった。多くの人に現場の実情を知ってほしい」と話している。

 金さんが毎日新聞大阪面で昨年9月まで9年間、執筆した連載企画「トブロサルダ(共に生きる)」で紹介してきた子どもたちの姿を詳しく書き直した。「Minamiこども教室」は2013年9月から毎週、火曜日の夜に開かれている。大阪市中央区の市立南小学校などで学ぶフィリピン、タイ、中国などにルーツのある子らの学習の場であり、同じ立場の仲間と過ごせる居場所でもある。開設から6年が経過し、地域の人々や保護者の間…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです