メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

「うぐいす茶屋」で大判焼きを販売 栃木健吾さん(46) あんこ使い地域おこし /島根

栃木健吾さん=飯南町志津見で、前田葵撮影

 飯南町志津見の飲食店「うぐいす茶屋」で毎週水曜日、小麦粉を水で練り上げた生地にたっぷりの小豆あんが入った「大判焼き」を販売する。大判焼き製造販売会社「御座候」(本社・兵庫県姫路市)に20年以上勤め、2017年に飯南町へIターン。ぜんざい発祥の地と伝わり、小豆となじみ深い出雲国で「あんこを使った地域おこしができれば」と考えている。

 17年8月から地域おこし協力隊としてうぐいす茶屋に勤務。店舗には焼き台を置くスペースが無く、少し離れた農園付き住宅のクラブハウスの厨房(ちゅうぼう)で小さな焼き台を使っている。サラリーマンという身分のありがたさを思い知らされた。会社の店舗では粉やあんこが用意されていたが、飯南町では小麦粉と水の配合や小豆の炊き方を一から勉強し、オリジナルの商品化にこぎつけた。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです