メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家活用、福祉拠点に 子ども食堂×国際支援団体 2団体入居、多様な交流 早良区 /福岡

「野芥フリーハウス」で子ども食堂を開く「わんらいふ」の横尾代表(左)と、NPO事務所を開設する河村さん

地域向け貸しスペースにも

 早良区野芥6の住宅街にある築約40年の空き家がこのほど、地域の福祉拠点「野芥フリーハウス」に生まれ変わった。子ども食堂を開く若手グループと、バングラデシュの医療・教育支援に携わるNPO法人が入居。共有のリビングは、地域向けに貸しスペースでも活用する予定で、多様な交流空間になりそうだ。【青木絵美】

 物件は、近くに住む民生委員の河村富美子さん(71)が管理する木造2階建てで、今春まで住宅として使われていた。河村さんは自ら理事で関わるNPO法人「バングラデシュと手をつなぐ会」(二ノ坂保喜代表)の事務所で活用しようと考える一方、5DKの広さがあったことから「他の団体で希望があればコラボで使いたい」。空き家の福祉転用を後押しする市社会福祉協議会の「社会貢献型空き家バンク事業」に着目し、地元の社協窓…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです