メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最長政権

/4 正念場の領土、拉致

 今月4日にタイで開かれた、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日中米露などの首脳らによる東アジアサミット(EAS)。会議は長時間にわたり、場内には雑談や打ち合わせの声が響いていた。だが、安倍晋三首相が話し始めると途端に静かになった。同時通訳を聞こうと慌ててイヤホンを着け直す出席者もいた。

 一目置かれる要因は、在任期間の長さに加え、トランプ米大統領と個人的な信頼関係を築いたことにある。ゴルフや会食を重ね、「ドナルド」「シンゾー」と呼び合う。トランプ氏への対応に苦慮する他国の首脳らは、日米首脳の親密さをアピールする首相の発言に耳を傾けざるを得ない。

 8月31日夜に東京都内のフランス料理店で開かれた民放幹部らとの会食は、外交話で盛り上がった。

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  3. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

  4. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  5. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです