メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バチカン、米を非難 ヨルダン川西岸入植容認に

 ローマ教皇庁(バチカン)は20日、イスラエルによるパレスチナ自治区ヨルダン川西岸へのユダヤ人入植行為を「国際法に違反しない」とする見解をトランプ米政権が発表したことを受け、「イスラエルとパレスチナの和平プロセスと、既に弱体化している地域の安定をさらに傷付ける恐れがある」と非難する声明を発表した。

 バチカンは声明で、米国の発表を念頭に置…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです