特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会 森友渦中、政府「公人でなく私人」 昭恵氏、なぜ推薦枠

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」で招待客たちと記念撮影する安倍晋三首相と妻昭恵氏(中央右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日、喜屋武真之介撮影
「桜を見る会」で招待客たちと記念撮影する安倍晋三首相と妻昭恵氏(中央右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日、喜屋武真之介撮影

 首相主催の「桜を見る会」に安倍晋三首相の後援会から多数が参加していた問題は、多くの矛盾をはらむ。「私人」と政府が閣議決定したはずの首相の妻昭恵氏に参加者の推薦枠があり、「前夜祭」では、安倍事務所が代金支払い前にホテルから領収書を受け取っていた可能性が高い。不自然な点を改めて検証した。

 「桜を見る会」を巡っては、首相の妻昭恵氏にも推薦枠があったことが20日、判明した。実は、政府は2017年3月、「首相夫人は私人である」と閣議決定している。私人なのに公的行事の推薦枠が与えられるとは、やはり公私混同ではないのか。

 「『昭恵さんと名刺交換をしたら招待状が届くようになった』との報道がある。昭恵夫人の招待枠もあるのか」

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1484文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集