メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「ダブルケア、その時」編/2 親か子か、ジレンマ 公的支援ほぼ無縁

鈴木さんが妊娠中に記した日記には、仕事や介護、実家と自宅での家事などをこなす中での思いがつづられていた=兵藤公治撮影

 育児と介護を同時に担う「ダブルケア」。形態はさまざまだ。愛知県豊田市の非常勤講師、鈴木美穂子さん(41)=仮名=は、当事者らで作る団体の活動に赤ちゃん連れで参加する。すやすやと眠る子の姿に「おとなしいですね」と声をかけると、「私が忙しくしているから、空気を読んでいるのかな」と笑った。

 鈴木さんの母は2011年、60代半ばで脳梗塞(こうそく)を発症した。在宅介護が始まり、独身だった鈴木さんが家事全般と母の介護をこなした。父は介護に意欲的だったが、きちょうめんな性格ゆえ、思うようにならない母とよくけんかになった。「美穂ちゃんにそばにいてほしい」。母はそう求めた。

 研究者の道を志し、母の病室で博士論文を書き上げた。結婚し新居を構えても、仕事後に実家で家事や母の世…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです