特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜を見る会」で日本酒「獺祭」提供 首相の地元・山口の地酒 政府が答弁書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」で招待者に囲まれ、笑顔を見せる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵氏(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日、竹内紀臣撮影
「桜を見る会」で招待者に囲まれ、笑顔を見せる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵氏(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日、竹内紀臣撮影

 政府は22日、2017~19年に開かれた安倍晋三首相主催の「桜を見る会」で提供された飲食物の中に、首相の地元・山口県の日本酒「獺祭(だっさい)」が含まれていたとする答弁書を閣議決定した。立憲民主党の杉尾秀哉参院議員の質問主意書に答えた。

 獺祭は山口県岩国市の旭酒造が製造している。海外でのPRにも力を入れて国内外で人気を博しており、首相がオバマ米大統領(当時)と酌み…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集