メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

「桜を見る会」で招待者に囲まれ、笑顔を見せる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵氏(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日、竹内紀臣撮影

 立憲民主党など野党4党の追及チームは22日、首相主催の「桜を見る会」を巡る疑惑に関する報告書をまとめた。今後の追及点として▽安倍晋三首相による会の私物化▽「前夜祭」の公職選挙法違反の疑惑――など5点を挙げた。25日にチームを「本部」に格上げし、追及を強める。

 報告書は、首相の後援会関係者が会に多数出席し、妻昭恵氏も招待枠を持っていたことを「私物化」と批判。首相による公選法違反(買収)の疑いがあると指摘した。首相の後援会主催の「前夜祭」の運営にも同法や政治資金規正法違反の疑いがあるとの見方も示した。立憲の安住淳国対委員長は記者団に「会が政治利…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです