メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

 韓国政府は22日、日本政府に破棄を通知していた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)を当面維持すると日本政府に伝えた。同日夕、破棄通知の効力を停止すると発表した。23日午前0時に協定は失効する見通しだったが方針転換した。北朝鮮が弾道ミサイルの発射を続ける中、米国が日米韓連携を維持するため、韓国側に延長へ強い圧力をかけたことが背景にあるとみられる。韓国はまた、世界貿易機関(WTO)の提訴手続きの停止も表明。これを受け、両政府は輸出管理を巡る政策対話を行うことで合意した。

 韓国青瓦台(大統領府)の金有根(キムユグン)国家安保室第1次長が22日午後6時に記者会見し明らかにした。金氏は破棄停止はいつでも終了できるとし、「日本政府も理解した」と述べた。日韓政府間で「輸出管理政策対話が行われる」とも表明し、その間は韓国政府が9月に行ったWTO提訴の手続きを停止させると説明した。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです