メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もっと仲良く」GSOMIA失効回避に各地で安堵の声

GSOMIAの継続について記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2019年11月22日午後6時32分、川田雅浩撮影

 韓国政府から22日、継続する方針を伝えられた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)。23日午前0時の失効期限ギリギリの回避に、東京と大阪のまちでは安堵(あんど)と、関係改善を求める声が上がった。

 韓国料理店がひしめく東京・新大久保。韓国の雑貨を扱う店で母親と買い物をしていた東京都葛飾区の高校2年、安蒜(あんびる)夏寧(なつね)さん(17)は「失効が回避されてよかった」と喜び、両国の関係改善に期待を寄せる。

 ニュージーランドでこの夏、韓国人の家庭にホームステイした。その時に日本に批判的な韓国語のニュースを見たが、ホストファミリーからは「政治的なことと、私とあなたの人間関係は別だ」と気にしないように言われた。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです