メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もっと仲良く」GSOMIA失効回避に各地で安堵の声

GSOMIAの継続について記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2019年11月22日午後6時32分、川田雅浩撮影

 韓国政府から22日、継続する方針を伝えられた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)。23日午前0時の失効期限ギリギリの回避に、東京と大阪のまちでは安堵(あんど)と、関係改善を求める声が上がった。

 韓国料理店がひしめく東京・新大久保。韓国の雑貨を扱う店で母親と買い物をしていた東京都葛飾区の高校2年、安蒜(あんびる)夏寧(なつね)さん(17)は「失効が回避されてよかった」と喜び、両国の関係改善に期待を寄せる。

 ニュージーランドでこの夏、韓国人の家庭にホームステイした。その時に日本に批判的な韓国語のニュースを見たが、ホストファミリーからは「政治的なことと、私とあなたの人間関係は別だ」と気にしないように言われた。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 ウイルス培養に成功、ワクチン早期開発の可能性も 豪研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです