メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

GSOMIAの継続について記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2019年11月22日午後6時32分、川田雅浩撮影

 日韓両国はギリギリのタイミングで、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)や半導体材料の対韓輸出規制を巡る対立を回避し、安全保障や経済に悪影響が次々と及ぶ「負の連鎖」に歯止めをかけた。ただ、根本に横たわる「元徴用工問題」という最大の懸案を巡る対立構造は残ったままだ。

1週間、断続的に水面下の交渉

 「継続になった。急転直下だ」。22日夕、韓国政府がGSOMIA破棄通告の効力停止を決めたとの情報が伝わると、防衛省幹部は驚きをもって受け止めた。

 今月17日にタイの首都バンコクで行われた河野太郎防衛相と韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相の…

この記事は有料記事です。

残り3039文字(全文3308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」 清水寺で揮毫

  2. 「勉強教える」 小学校内で児童にわいせつ疑い 講師を逮捕 大阪・門真

  3. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  4. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  5. 和泉首相補佐官、出張中に私的観光 官房長官「私費で移動」問題視せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです