メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津賀・パナソニック社長「21年度までに赤字事業撲滅」「世界規模で拠点集約」

記者会見するパナソニックの津賀一宏社長=東京都港区のパナソニック東京汐留ビルで2019年11月22日午前8時23分、鈴木健太撮影

 パナソニックの津賀一宏社長は22日、東京都内で記者会見し、中期経営計画の最終年度となる2021年度までに「構造的な赤字事業を撲滅する」と述べ、黒字転換が見込めない事業は、期限を切って抜本的に見直す方針を表明した。赤字事業の見直しや世界規模での拠点集約によって1000億円の利益を生み出すことを目指すことも明らかにした。アナリスト向け事業説明会に先立って会見した。

 1000億円の利益改善額の内訳は、赤字事業見直しが400億円▽拠点集約などが300億円▽自然減による人件費削減が300億円――とした。拠点を集約する具体的地域について津賀氏は「多くの拠点が点在するアジア、欧州、中国などいろんな地域で集約する。世界規模で考えている」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです