メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「福岡空港」運営会社が営業赤字転落見通し 日韓路線減で

2020年3月期の連結業績予想で、営業赤字に転落する見通しを説明する福岡国際空港の永竿哲哉社長=福岡市で2019年11月22日午後3時10分、浅川大樹撮影

 福岡空港の運営会社「福岡国際空港」(福岡市)は22日、2020年3月期の連結業績予想を下方修正し、本業のもうけを示す営業損益が16億円の赤字(当初予想は14億円の黒字)になるとの見通しを発表した。日韓関係悪化に伴う韓国路線の減便などで、国際線旅客数が前年同期比136万人減の556万人にとどまる想定のため。同空港は4月に完全民営化したばかりだが、厳しい船出となっている。

 売上高は505億円から444億円に、最終(当期)損益は65億円の赤字から97億円の赤字にそれぞれ下…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです