メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネタニヤフ首相を収賄罪などで起訴 現職で初 イスラエル

ベンヤミン・ネタニヤフ首相=AP

 イスラエル検察は21日、国内最大手の通信会社に便宜を図った見返りに、この会社傘下のニュースサイトで好意的な報道をさせたなどとして、ネタニヤフ首相を収賄や背任、詐欺の罪で起訴した。現職首相が起訴されるのはイスラエル史上、初めて。

 イスラエルの法律上、首相は起訴されても辞任する必要はない。ただ国内では、4月の総選挙、9月に行われたやり直し総選挙後の連立交渉がまとまらず、新政権樹立の見通しは立っていない。混迷が深まる中、野党が反発を強めてネタニヤフ氏の辞任を求める声が高まるのは必至だ。

 ネタニヤフ氏は21日夜のテレビ演説で疑惑を否定し、「偏った捜査によるクーデター未遂だ」と捜査当局を非難。「法の条文にのっとってこの国を率い続ける」と強調した。政局の不透明感が増す中で起訴が発表されたタイミングに触れ、「この決定が右派の首相を引きずり下ろすことを目的としていることは明白だ」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです