メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリスマスまでには…横浜のシンボル「大観覧車」の時計、台風で故障 復旧いつ

デジタル時計の表示が消えた「コスモクロック21」=横浜市中区で2019年11月21日午後6時40分、樋口淳也撮影

 横浜のシンボルとして親しまれている「横浜みなとみらい21」地区の大観覧車。9月と10月に首都圏を襲った台風の影響で、トレードマークのデジタル時計の一部が壊れ、観光名所「横浜赤レンガ倉庫」側から見える時計部分が真っ暗なままだ。記念日に多くの人が写真を撮るなど人気のデジタル時計。関係者は「なんとかクリスマスまでには復旧させる」と奔走している。

 大観覧車は「よこはまコスモワールド」にあり、コスモクロック21と呼ばれている。大観覧車の全高112.5メートル、定員は480人で、時計機能付きの観覧車としては世界最大という。大観覧車の中心部分の両面には時計(縦3.2メートル、横12.2メートル)が表示される。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです