メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「工藤会」本部事務所の取り壊し始まる 北九州

 北九州市小倉北区にある特定危険指定暴力団「工藤会」本部事務所の本格的な取り壊しが22日、始まった。建物の玄関上に掲げられた工藤会のシンボル的存在だった「KUDOUKAI KAIKAN」と書かれた看板が撤去され、暴力団排除に向けた市などの取り組みは新たな段階を迎えた。

 午前9時半過ぎ、工事業者の作業員十数人…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです