メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「Gっと見つめて」 かわいさも 大阪・箕面公園昆虫館でゴキブリ展

「うわー見える」。ケースの底から見える展示。脚やおなか部分がじっくり観察できる=大阪府箕面市の箕面公園昆虫館で2019年11月1日午後2時4分、三角真理撮影

 嫌われものだけど、ちょっと理解もしてほしいと、大阪府箕面市の箕面公園昆虫館は「G(じー)っとみるゴキブリの世界 ガサガサ・ゴソゴソ展」を開いている。国内外に生息する約25種約100匹を展示。自然界では大事な仕事もしていると知ると、すこーしやさしい気持ちにもなれそう。【三角真理】

 「やっぱり気持ち悪いイメージ持たれちゃいますよね。黒光りして、突然飛んできたりするし」と清水聡司副館長(51)。「でも枯れ木や生物の死骸を分解するなど、自然の中では大事な役割をしています」。同館によると、ゴキブリは世界に約4600種。日本には58種いる。害虫とされるのは全体の1%未満だという。

 そもそもゴキブリはなぜ「害虫」? 清水さんは、見て気持ち悪い▽古書や食べ物をかじり、ふんで汚す▽飲食店などで出ると経済的損失になる――などを挙げた。「招かないのに家に入ってきてすみつき、勝手に外と行き来するから不衛生だと嫌われるのです」

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです