メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

全焼した明治神宮の敷地内にある倉庫=東京都渋谷区で2018年11月18日午後1時18分、本社ヘリから玉城達郎撮影

[PR]

 明治神宮(東京都渋谷区)の敷地内にある倉庫に放火して全焼させたとして、警視庁捜査1課は22日、東京都目黒区、会社員、関剛容疑者(45)を非現住建造物等放火容疑などで逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は昨年11月18日午前6時40分ごろ、2階建てプレハブ倉庫に侵入して火をつけ、延べ188平方メートルを全焼させたとしている。同課によると、関容疑者は「ライターで火をつけたことに間違いない」と容疑を認めている。

 倉庫にはちょうちんや垂れ幕などが保管されていた。倉庫は無施錠だった。防犯カメラの映像などで容疑者が浮上したという。同課は動機を調べている。【土江洋範】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです