メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「これから…先が見えない」千曲川堤防決壊・避難1カ月超、生活再建の道筋描けず

避難所では今も多くの人が生活を続ける。日中は仕事や住宅の片付けなどに出かけ、日が暮れると車でいっぱいに=長野市で2019年11月13日午後5時58分、竹内紀臣撮影

[PR]

 台風19号で千曲川の堤防が決壊して自宅が被災し、長野市の避難所には21日時点で592人が身を寄せている。避難生活は1カ月を超え、避難所は今月末で閉鎖されることになっているが、多くの被災者が生活再建への道筋を描けずにいる。

1カ月の避難生活を書き留めてきたノートを見つめる渡辺重雄さん=長野市豊野町で2019年11月12日午後4時48分、堀智行撮影

 目の前にリンゴ畑が広がる長野市豊野町の豊野西小は、市内最大の避難所の一つ。約160人が、段ボールで間仕切りされた体育館などで避難生活を送っている。市営団地で1人暮らしをしていた土木業、渡辺重雄さん(40)は、避難した夜からの出来事をノートに書き留めてきた。

 <10月13日1時8分 長野市穂保氾濫 小学校避難 朝起きたらゾクゾク車が入ってきた。茶色の水がマダマダ増えてくる。ここまで上がってきたら山に登るしかない>

 <10月14日 避難生活始まる。初めての経験。物資は間に合っているみたいで安心した。家が心配。2階まで水が上がってませんようにと祈った。ゆめなのか、現実なのか>

 渡辺さんが自宅に戻れたのは翌15日。高さ約3メートルまで浸水したとみられ、自宅は2階まで泥まみれになっていた。2カ月前に引っ越した際に新調した家電はすべて使えなくなり、手元に残ったのは、数年前に他界した両親の位牌(いはい)と遺影だけだった。避難所が今月で閉鎖された後、身を寄せる場所はまだ決まらない。

 <明日はどうなるだろう>

 ノートにも将来への不安をつづった言葉が並ぶ。「今は貯金を崩しながらの生活で、支援金が入るのも数カ月後。閉鎖後に、どこに行くか決まっていない人も多く、これからどうなるのか先が見えない」と肩を落とす。

 避難所の外で炊き出しの豚汁をすすっていた男性も、行き場を失っていた。認知症の疑いがある両親と避難したが、大声で騒ぐため、避難所に居づらくなっているという。「自宅はすべて流され、親族にも頼れるところがない。本当に気がめいる」と疲れ切っていた。

 1人で避難しているパートの女性(77)は約15年前に福島県から豊野町に移り住んだ。選んだ仕事が農業の手伝い。農作業は初めてだったが、不思議と性に合った。被災した日も、赤く色付き始めたリンゴ全体に日光を当てる「葉摘み」の作業に行くはずだった。

 「仕事に行こうと家を出たら、茶色い水が来て、胸まで水につかった。何日か後に家に戻ったけど、何も残っていなかった」

 日中は大半の人は片付けや仕事に出掛け、避難所に残るのは20人程度。避難所を出た後の行き先も決まらず、取り残されているようで不安になることもある。だが初めての避難生活で、支えになっているのはボランティアの存在だという。

 「三度のご飯を食べさせてもらったり、さりげない言葉をかけてもらったりすると、助けられていると実感する。先のことは分からないが、できることをやっていこうと思う」と前を向く。【堀智行】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 官邸主導トップダウンできしみ 内閣官房健康・医療戦略室 vs 医療現場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです