メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省が水害対策の初会合 河川合流地点の堤防強化方針示す

国土交通省が入る中央合同庁舎第3号館=東京都千代田区霞が関2で、本橋和夫撮影

 国土交通省は22日、気候変動による降雨量の増加を踏まえた新たな水害対策を検討する有識者会議の初会合を開き、河川の合流地点の堤防を強化する方針などを示した。

 10月の台風19号では、本流と支流の水位が共に高くなり、支流の水が流れにくくなる「バックウオーター現象」が発生して氾濫するケースが相次いでいた。堤防の強化策のほか、ダムの洪水調節機能の向上やまちづくりと連携した治水計画なども含め、来年夏ごろをめどに対策を取りまとめる。

 会合では冒頭、赤羽一嘉国交相が「100年に1度と言われるような災害が毎年、どの地域で起こっても不思議ではない。抜本的な治水対策を議論いただきたい」とあいさつ。国交省は台風19号で大雨特別警報の解除後に河川の氾濫が起きたことなどの課題を説明した。有識者からは「情報はいっぱいあるが、何を決め手に逃げていいか分からない。情報を減らし、情報から行動につなげるブリッジを考える必要がある」などの指摘があった…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです