メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「忘れ物取り戻せた」 避難続く福島・双葉でタイムカプセル発掘

 福島県双葉町立双葉北小学校の35年前の卒業生が22日、当時校内に埋めたタイムカプセルを掘り起こした。双葉町は2011年3月の東京電力福島第1原発事故に伴う全町避難が続いており、同校も帰還困難区域にある。避難指示区域の一部解除が検討される中、「掘り出そう」との声が上がり、町に一時立ち入りを申請した。

 1984年3月に卒業した53人のうち、男女8人が県内の避難先や埼玉県や京都府などから集まった。「大人になったら一緒に飲もう」と入れたワインの瓶や、文集、メッセージを録音したカセットテー…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです