「海外では共同親権が主流、それなのに…」単独親権違憲訴訟提訴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 単独親権制度は憲法に違反するとして、子どもの養育に関われなくなった親たちが22日に国家賠償訴訟を起こした。海外では共同親権が主流で、国内でも法務省が離婚後の養育の在り方の研究会を発足させた。子どもとの交流を断たれた親からは制度改正への期待が高まるが、慎重論も根強い。

「夫婦の別れが親子の別れに」「年3回の面会交流も守られず」

 「夫婦の別れが親子の別れにつながっている」

この記事は有料記事です。

残り2179文字(全文2364文字)

あわせて読みたい

注目の特集