メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄金世代を追え

大横綱の孫、納谷は勝ち越し 来場所は自己最高位も

宝香鵬(手前)を破り、勝ち越しを決めた納谷=福岡市の福岡国際センターで2019年11月22日午後2時32分、村社拓信撮影

 大相撲九州場所13日目の22日、幕下では元横綱・大鵬の孫で東7枚目の納谷(19)が西12枚目の宝香鵬(30)を寄り切り、勝ち越しを決めた。「変化がある人なので気をつけていた」と立ち合いを警戒しながらも、しっかり踏み込んで押し込むと、左からのおっつけも効果的で一気に勝負を決めた。

 今場所は大関・貴景勝(23)の付け人を務めている。大関からは「普通に突いていけばこの辺りじゃ負けない」とアドバイスを受けたという。

 昨年秋場所に幕下に上がり一度は三段目に落ちたが、今年初場所の西幕下60枚目から着実に番付を上げてきた。この1年を「いい相撲を取れているときは取れていた」と振り返る。来場所は自己最高位だった名古屋場所の西6枚目を超える可能性もある。「課題は立ち合いと土俵際。力をつけたい」と力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです