メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

【NHK杯フィギュア】男子SPで演技する羽生結弦=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2019年11月22日、貝塚太一撮影

 22日、開幕したフィギュアスケートのGP第6戦、NHK杯の男子SPで109・34点で首位に立った羽生結弦(ANA)。記者会見でのやりとりは次の通り。

 ――ショートプログラム(SP)を振り返って。

 ◆きょうは自分に及第点を与えることができたかなとは思っている。ベストの演技とは言いがたいが、しっかり練習して次の試合だったり、SPをしたいと思った。あしたはあしたで別の演技だし、違う振りなので、しっかり健康で最後まで滑りきれるように頑張りたい。

 ――本日の演技を踏まえた上で、フリーで満足する演技をするには。

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 台風上陸から2カ月たっても避難指示が解除されない町 宮城・大河原町と栃木市

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  5. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです