メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ひきこもりの犬」通し家族、社会描く 新宿で「野良犬之家」上演 台湾・林孟寰さん代表作 あすまで /東京

公演を企画した山﨑理恵子さん(左端)と(左から)台湾の俳優、周浚鵬さん、日本の俳優の藤村聖子さん、奥田努さん=新宿区内で

 台湾の劇作家、林孟寰さん(33)の代表作の一つ「野良犬之家」が24日まで、新宿区山吹町341の「山吹ファクトリー」で上演されている。日本と台湾の役者が「ひきこもりの犬」にふんし、家族のあり方や社会との関わりを描いている。

 登場するのは、犬小屋にひきこもる3匹の犬のきょうだいだ。一番上の大兄(おおにい)ちゃんは一度、野良犬になったが、ペットとして飼われる弟や妹のもとに戻った。社会の荒…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです