メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

箱根登山鉄道 来年秋ごろ再開へ 台風被害で運休、箱根湯本-強羅間 /神奈川

[PR]

 箱根登山鉄道は22日、台風19号による被害で10月13日から運休している箱根湯本―強羅駅間の再開について、来年秋ごろになるとの見通しを明らかにした。宮原賢一鉄道部長は「各種調査の進捗(しんちょく)状況、国、県など関係機関との協議を重ね、来年秋をめどに運転再開を目指すことにした」と説明している。

     台風では約20カ所で倒木、線路への土砂流入、斜面崩落による橋梁(きょうりょう)流失などの被害があった。特に大きな被害があったのは大平台隧道(ずいどう)から大沢橋梁付近と、蛇骨陸橋から小涌谷踏切付近の4カ所。現在は土砂などの撤去工事や、小涌谷踏切や国道1号側からの重機搬入路整備を先行して進めているという。

     宮原部長は、とりわけ蛇骨陸橋の復旧に時間がかかるとの見込みを示した。蛇骨陸橋は斜面が崩落、橋脚や橋桁の一部が流失している。現在のルートは変更せず、仮運行できる状況を作ることを最優先に、運転再開に全力を挙げるとの方針を説明。完全復旧は2021年春ごろまでかかりそうだという。

     宮原部長は「利用客に不便をかけないようにしていきたい」と話し、被害が少なかった箱根湯本―大平台駅間の区間運転については検討中としている。【澤晴夫】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

    2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

    3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

    4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

    5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです