メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CINEMA

決算!忠臣蔵 /愛知

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

 歌舞伎のみならず、映画やテレビの題材として、誰もが知っている忠臣蔵。本作は四十七士の討ち入りに、実はお金(予算)が必要だったという物語だ。

 今から300年前、赤穂藩藩主、浅野内匠頭(阿部サダヲ)は、幕府の重臣、吉良上野介に斬りかかり、その責任を問われ切腹。藩は取りつぶしになり、筆頭家老の大石内蔵助(堤真一)は残務整理に追われる。「喧嘩(けんか)両成敗のはずが、内匠頭の切腹と藩の取りつぶし」。納得できない内蔵助らにとって、吉…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです