メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

編集長からの手紙

競技に合わせ「体」を作る 県立和歌山北高校(和歌山市) スポーツ健康科学科

きれいな倒立。1分間。「できるだけ持ってもらうなあ」と先生=和歌山市の県立和歌山北高校で、三角真理撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 運動が得意な子が、昔からうらやましかった。だから「体育科」に進む人ってどんな人? どんな高度な技を学ぶの?とすごく興味があります。和歌山県立和歌山北高校・スポーツ健康科学科(和歌山市)の授業を見ました。【編集長・三角真理】

 1~3年合同の授業。体育館いっぱいに約200人が広がります。

 おなじみの「ラジオ体操第一」の音楽が流れます。動きは……意外とフツー。私のこの思いを察した吉田克久先生(54)が「最近はラジオ体操を知らない子も多いんですよ。夏休みの朝の習慣って、今はないのでしょうかねえ」とささやきます。「ラジオ体操第二」になると、あれっ?と動きがわからなくなる子も。

この記事は有料記事です。

残り1359文字(全文1670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  3. 和歌山で新たに3人感染確認 国内初の10代、外科医の息子

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです