メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝利の方程式

大和のアスリートたち スポーツクライミング・吉田智音選手(青翔中3年) 一つの動き、大切に /奈良

毎日夜遅くまで練習に励む吉田智音選手=堺市中区で、稲生陽撮影

 倉庫を利用したジムの高い天井や壁に取り付けられた無数のホールドを見上げ、静かに精神を集中させる。ホールドのひとつに手をかけると、Tシャツごしでも分かる背中の筋肉が盛り上がった。

 6歳からスポーツクライミングを続ける大和高田市の中学3年、吉田智音(さとね)さん(15)。今月14~17日に中国・重慶であったアジアユース選手権では、男子ユースB(2004、05年生まれ)カテゴリーで圧倒的な強さを見せて総合優勝。昨年の前回大会でもリード種目で1位となったが、今回は3種目のうちリード、ボルダリングで1位に輝いた。

 幼い頃から「とにかく上に登ることが大好きだった」。幼稚園時代も公園の滑り台をひたすら上っては降りるを繰り返した。コンクリートの塀にまで登り始めたのを見かねた母の静香さん(44)が、当時まだ競技としての知名度も高くなかったクライミングのジムに連れて行ったのが、始めたきっかけだ。今では週5日ジムに通い、自宅の工場や自室にもウォール(ホールドを取り付けた競技用の壁)を設置するなど競技漬けの毎日だ。「同…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、学校再開は見直す可能性 経済対策「かつてない規模」、給付金創設

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです