メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

W杯ラグビーで活躍 福岡選手に感謝状 古賀市 /福岡

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で活躍した古賀市出身の福岡堅樹選手(27)が22日、市役所を訪れ、市から感謝状を贈られた。市民約300人が拍手で出迎え、福岡選手の健闘をたたえた。

 田辺一城市長は「福岡選手は市の宝。市民に夢と希望、誇りと感動を与えてくれた。次の東京五輪での活躍に期待します」と感謝状を手渡した。地元の企業からも金属製の肖像画、福岡選手をモデルにした博多人形、福岡選手を特集した市報など記念品が贈られた。

 福岡選手は念願のベスト8入りを果たした大会を振り返り「母校や地元の応援が力になった。感謝したい。盛り上がったラグビー熱を今後につなげ、東京五輪を最後の締めくくりにしてメダルを目指したい」と述べた。五輪後は医者を目指し、ラグビーから引退することを公言している。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです