メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「清川ふるさと物産館・夢市場」記念式典 30周年で元気 過疎、高齢化乗り越え /大分

 豊後大野市清川町の直販所「清川ふるさと物産館・夢市場」が今年開業30周年を迎え、記念式典が22日、同町の神楽会館で開かれた。

 夢市場は1990年、JR牧口駅(現在の豊後清川駅)の駅舎に、県内初の自治体直営の直売所として開業した。過疎化、高齢化のため開業当時から「産直友の会」のメンバーは半分近く減り、今は180人に。しかし、町特産の桃「クリーンピーチ」のほか、昔ながらの酒まんじゅうなどが消費者の人気を呼ん…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 若者や子育ての支援少なく、進む少子化 「結婚、出産避ける状況続く」 出生率4連連続低下

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  5. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです