メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損保、豪雨頻発を反映 将来リスク、火災保険料上げ濃厚

 台風19号が各地で堤防の決壊を招くなど大規模な自然災害が相次いでいることを受けて、損害保険業界は浸水被害などを補償する火災保険料の算出方法を抜本的に見直す。従来は過去の災害を基に被害規模を推計してきたが、見直し後は地球温暖化に伴って「100年に1度」など記録的な豪雨が頻発するリスクを反映させる方向だ。保険料が跳ね上がる恐れがある。

 損保各社でつくる「損害保険料率算出機構」が、2022年度までに火災保険料の目安となる「参考純率」の算出方法の見直しを検討。これを踏まえ、損保各社は保険料の引き上げを検討する。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです