メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル ネタニヤフ首相を起訴 収賄など、疑惑否認変わらず

集会で演説するイスラエルのネタニヤフ首相=テルアビブで17日、ロイター

 イスラエル検察は21日、国内最大手の通信会社に便宜を図った見返りに、この会社傘下のニュースサイトで好意的な報道をさせたなどとして、ネタニヤフ首相を収賄や背任、詐欺の罪で起訴した。現職首相が起訴されるのはイスラエル史上、初めて。起訴されても辞任する義務はないが、野党の退陣を求める声は強まっており、政治的に打撃となりそうだ。【エルサレム高橋宗男】

 イスラエルでは4月の総選挙でネタニヤフ氏が組閣に失敗し、9月に行われたやり直し総選挙後も連立交渉の難航で新政権樹立の見通しが立たない混迷が続いている。政権継続に意欲を見せるネタニヤフ氏は21日夜のテレビ演説で疑惑を否定し「法の条文にのっとってこの国を率い続ける」と強調した。また、政局の不透明感が増す中で起訴が発表されたタイミングに触れ「偏った捜査によるクーデター未遂だ」「この決定が右派の首相を引…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです