メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

家屋への浸水を防ぐ 土のうや身近なもので備え

(1)ブルーシートの上に隙間(すきま)なく重なり合うように土のうを積む

 <くらしナビ ライフスタイル>

 今年の秋は台風や大雨が相次ぎ、各地で深刻な水害が起きた。道路が冠水し家屋に浸水すると、復旧までに時間がかかる。身近な物を活用した浸水対策を紹介する。

 今年10月の台風19号では、多くの河川が氾濫する「外水氾濫」が発生した。また、川に排水しきれない雨水が道路などにあふれる「内水氾濫」も起きた。内水氾濫は、標高が低い土地で発生しやすい。東西に江戸川と荒川があり、南は東京湾に面している東京都江戸川区は、下水道で排水できる降水量が1時間50ミリ程度で、集中豪雨の際は処理しきれない恐れがある。

 このため同区は、袋に砂を詰めた防災用の「土のう」の利用を住民に呼びかけている。1袋5~10キロの土…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです