メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

家屋への浸水を防ぐ 土のうや身近なもので備え

(1)ブルーシートの上に隙間(すきま)なく重なり合うように土のうを積む

 <くらしナビ ライフスタイル>

 今年の秋は台風や大雨が相次ぎ、各地で深刻な水害が起きた。道路が冠水し家屋に浸水すると、復旧までに時間がかかる。身近な物を活用した浸水対策を紹介する。

 今年10月の台風19号では、多くの河川が氾濫する「外水氾濫」が発生した。また、川に排水しきれない雨水が道路などにあふれる「内水氾濫」も起きた。内水氾濫は、標高が低い土地で発生しやすい。東西に江戸川と荒川があり、南は東京湾に面している東京都江戸川区は、下水道で排水できる降水量が1時間50ミリ程度で、集中豪雨の際は処理しきれない恐れがある。

 このため同区は、袋に砂を詰めた防災用の「土のう」の利用を住民に呼びかけている。1袋5~10キロの土のうを約100個ずつ保管する「土のうステーション」を公園など区内42カ所に設置し、自由に持ち出せるようにしている。同様のステーションを設置したり土のうを配布したりしている自治体は多い。ホームセンターなどでは土のう袋を販売している。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです