メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想、大枠固まる 住民投票、来秋~冬 移行25年元日 法定協

 「大阪都構想」の制度設計を議論する法定協議会が22日、大阪市役所であり、予定の項目についての協議を終え、制度案の大枠が固まった。来年秋~冬の住民投票実施は確実な情勢で、賛成多数の場合、市から特別区への移行は2025年1月1日とする方針も了承された。今井豊会長(大阪維新の会)は来月26日の法定協で制度案の方向性を採決で確認し、協定書の作成に乗り出す。

 4月の大阪府知事・市長ダブル選の結果を受けて6月に再開された法定協は、この日で6回目。公明党が賛成に転じて急速に進み、公明が前提条件として求めた▽特別区設置コストの抑制▽現行の住民サービス維持▽各特別区への児童相談所(児相)設置▽窓口サービスの維持――の4条件で修正が加えられ、維新も特別区の名称や本庁舎の一部変更を提案。その他はほぼ素案通りで整理された。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです