メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「ダブルケア、その時」編/3 行政盲点、把握が課題 担い手、支えなく

名古屋市熱田区は、ダブルケアの支援策を模索している。民間団体などが開いたシンポジウムには行政や社会福祉協議会職員も参加した=同区で、加藤沙波撮影

 「私が元気に見えるから、あまり切羽詰まった問題だと思われないのかな」。昨年11月、子育てと介護を同時に抱える「ダブルケア」の支援団体を設立した杉山仁美さん(38)は、よく口にした。約1年の取材の中で、自分の思いがなかなか周囲に伝わらないと、打ちのめされている姿を何度か目にした。

 昨年12月、支援活動への理解を求め、名古屋市の担当者と話し合いの場を持った時のことだ。市役所の一室で、子育て担当、介護担当の職員が杉山さんと向き合った。

 子育て世代は介護の話題に疎く、自身が介護保険制度を十分に理解できずに追い詰められた経験を話した杉山…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです