メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WTO改革で一致 持続可能開発目標で取り組みを加速 G20外相会合

G20外相会合の会場周辺で警戒する警察官=名古屋市中区で2019年11月21日午後3時53分、兵藤公治撮影

 名古屋市で開かれていた主要20カ国・地域(G20)の外相会合は23日、閉幕した。自由貿易体制を維持するため、機能不全が指摘される世界貿易機関(WTO)改革を直ちに進めなければならないとの認識を共有した。また、デジタル経済の国際的なルール作りをG20が主導して推進していくことなども確認した。

 23日は、3部構成の全体会合があった。日米欧や中国などのG20メンバーに加え、チリやエジプトなど九つの招待国が参加し、自由貿易の推進や国連が2030年までに実…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです