メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

内閣府地下1階に設置されている大型シュレッダーとほぼ同じタイプの一般向け製品。能力は同等という=「ナカバヤシ」ホームページから

 「偶然の一致」か、それとも「証拠隠滅」なのか? 例の「桜を見る会」を巡る焦点の一つ「消えた招待者名簿」のことだ。政府は「シュレッダーが空いていた5月9日に廃棄した」と説明するが、釈然としない人も多かろう。何せ、野党議員が招待者の人数などの資料提出を政府に求めたのがまさにこの日だったからだ。「5月9日のシュレッダーの怪」を追った。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1895文字(全文2080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです